22 年間のバッテリーのカスタマイズ

全固体リチウム電池と固体リチウム電池の違いは何ですか?

Nov 10, 2018   ページビュー:2615

固体電池はすべて固体電解質ではなく、一部は液体です(液体と固体の混合物は混合比に依存します)。

全固体リチウム電池は、固体であるが、動作温度間隔で液体状態の電極と電解質材料がないリチウム電池であるため、そのフルネームは全固体電解質リチウム電池です。

実際の固体リチウムイオン電池には固体電解質がありますが、液体電解質はまだ少しあります。半固体電解質には、半分の固体電解質、半分の液体電解質、またはバッテリーの半分が固体状態であり、半分が液体状態であることが含まれます。主に固体状態で液体状態がほとんどない固体リチウムイオン電池がまだあります。

国内外の固体リチウムイオン電池として、絶え間なく人気があります。アメリカ、ヨーロッパ、日本、韓国、中国はすべて異なる目的でそれに投資しています。たとえば、アメリカは主に中小企業や新興企業に投資しています。アメリカには2つのウェルビーイングスタートアップがあり、そのうちの1つはS-akit3です。まだ初期段階ですが、走行距離は500kmに達する可能性があります。

アメリカは中小企業や新興企業の破壊的技術に焦点を当てていますが、日本は固体リチウムイオン電池を研究する傾向があります。日本で最も有名な会社はトヨタで、2022年に商品化を実現します。トヨタが生産しているのは、全固体リチウムイオン電池ではなく、固体リチウムイオン電池です。

トヨタが製造する全固体電池は、カソード材料としてグラファイトの硫化物電解質を使用し、高電圧アノードを使用しています。単一バッテリーの容量は15Ahで、電圧は数十ボルトです。 2022年に商品化を実現することが可能です。

そのため、日本は破壊的技術に専念していませんが、リチウムイオン電池に以前のアノードとカソードを使用しています。韓国は日本と似ていますが、グラファイトのカソードがありますが、金属リチウムはありません。実際、中国もそうです。リチウムイオン電池はすでに大規模な生産ラインを持っているため、一斉に再起動する必要はありません。

伝言を残す

お問い合わせ
お名前(任意)

* お名前を入力してください
* 電子メールアドレス

メールアドレス必須. このメールは無効です
* お手伝いしましょうか?

マッサージ必須.
お問い合わせ

すぐにご連絡いたします

終わり