20 年間のバッテリーのカスタマイズ

充電式電池の寿命は何年ですか - 紹介と充電?

Sep 23, 2022   ページビュー:27

バッテリーは、現代世界の発展において重要な役割を果たしています。バッテリ電源なしでどこにいるのか想像するのは難しい.

電池には、一次電池と二次電池の 2 種類があります。一次電池、または非充電式電池は使い捨てです。ショップで購入し、使用後はすぐに廃棄してください。

二次または充電式は、数百回または数千回の充放電サイクルで繰り返し使用できます。それらは、今日世界で最も人気のあるバッテリーです。

このような特性により、充電式電池は永久に使用できると考えるのは簡単です。そうではありません。

このガイドでは、二次電池の寿命について説明します。また、寿命を延ばすためのヒントもいくつか紹介します。

充電式 AAA 電池の寿命はどのくらいですか?

単 4 電池は、単 3 電池に比べてはるかに小さい電池です。 1つのセルの寸法は、長さ約44.5mm、幅10.5mmです。重量、電圧、およびバッテリーの指定は、特定のバッテリーの化学的性質と技術によって異なります。

使い捨てと再利用可能な AAA 電池があります。デバイスの要件に応じて、単体で使用することも、複数のバッテリーを組み合わせて使用することもできます。

3.2V 20Ah低温スクエアLiFePO4バッテリーセル
3.2V 20A低温LiFePO4バッテリーセル-40℃3C放電容量≥70%充電温度:-20〜45℃放電温度:-40〜+ 55℃鍼灸試験合格-40℃最大放電率:3C

充電式 AAA 電池の寿命はどのくらいですか?これは、AAA が最も一般的なバッテリーの 1 つであることを考えると、私たちが遭遇した最も一般的な質問の 1 つです。当然のことながら、再充電または交換する前に、それらがどれくらい持続するかを知りたい場合があります.

この質問には、2 つの要素を使用して答えることができます。

実行時間

稼働時間は、バッテリーが次の再充電までにかかる時間です。言い換えれば、フルに使用した場合、バッテリーが 100% から 0% に放電するのにどれくらいの時間がかかりますか?

これは、デバイス固有の電力ニーズとバッテリーの品質によって異なります。ワイヤレス マイクで使用すると、1 日中持続するバッテリーもありますが、数時間しか動作しないバッテリーもあります。

RC やおもちゃでバッテリーを使用している場合、実行時間はガジェットの消費電力に依存します。最も過酷な条件下で最大 5 時間以上稼働できるものもあれば、デバイスに数時間電力を供給できるものもあります。

したがって、これらのバッテリーの容量と、バッテリーを優れたものにするその他の機能を考慮してください。ほとんどの人は、パフォーマンスが向上する傾向があるため、より高価なバッテリーを購入します。

寿命

寿命とは、バッテリーが容量を使い果たす前に得られる充電サイクル数を意味します。ランタイムと同じように、単 4 電池が異なれば強度と耐久性も異なります。

低温高エネルギー密度の頑丈なラップトップ ポリマー電池 11.1V 7800mAh
低温高エネルギー密度頑丈なラップトップ ポリマー バッテリーバッテリー仕様: 11.1V 7800mAh -40℃ 0.2C 放電容量 ≥80%防塵、耐落下性、耐腐食性、耐電磁干渉性

通常、これらのバッテリーは、交換が必要になるまで約 3 ~ 4 か月使用できます。それらは何度も再充電でき、物理的な外観は AAA 一次電池とはわずかに異なります。

AAA 電池は適切な充電器と一緒に販売されています。しかし、他のものはなくても販売できます。幸いなことに、市場で優れた充電器を簡単に見つけて、ニーズに合わせて使用できます。

長持ちする AAA 充電式バッテリー

購入するバッテリーの品質によって、バッテリーの寿命が決まります。今日の最高のブランドの 1 つは、最高の充電式電池とアルカリ電池を組み合わせたエネループ電池です。これらのセルは、再充電可能、再利用可能、およびリサイクル可能です。そして一番いいのは、すぐに使い始められることです。

使用しないと容量が失われるほとんどの非充電式バッテリーとは異なり、これらの製品は 1 年後に容量の 90%、3 年後に 80% を保持し、10 年後でも最大 60 年使用できます。

充電式バッテリーは同じ性能を提供します。電圧をより長く保持できるため、他のブランドと比較して寿命が長くなります。

また、これらのバッテリーは、電力を大量に消費するアプリケーションで使用されても、電圧レベルを維持します。このようなバッテリーに投資することは、短期間で新しいバッテリーに浪費することを避けることができるため、素晴らしいアイデアになる可能性があります.

充電式電池を交換する必要はありますか?

はい。充電式電池は繰り返し使用できますが、永久に使用できるわけではありません。容量が減って充電できなくなる時期です。

新しい充電式バッテリーを購入すると、フル充電で丸 1 日かかることに気付くでしょう。しかし、時間が経つにつれて、この稼働時間は減少し始め、数分間しか充電できなくなります。このようなバッテリーは交換が必要です。

確認すべき症状の一部を次に示します。

? 電池を長期間使用した。ここ数年、バッテリーを使用していますか?充電後の動作時間は大幅に短縮されているはずです。この時間が半分に短縮された場合は、バッテリーを交換することをお勧めします。

?充電が難しいと思われる場合。バッテリーの充電時間がますます長くなってきたら、交換をご検討ください。これは主にラップトップのバッテリーで発生します。これは、デバイスが損傷したバッテリーや信頼できないバッテリーの警告を送信し始めるためです。

?バッテリーの充電が完了しない。充電してもバッテリーが 100% にならない場合は、使い続ける必要はありません。そのバッテリーは単にあきらめたので、別のバッテリーを入手する必要があります。

?破損したバッテリー。腫れや物理的損傷の兆候は、新しいバッテリーが必要であることを明確に示しています。爆発などのより深刻な問題につながる可能性があるため、このようなバッテリーを継続して使用することはお勧めできません。

あ、はい。充電式電池は交換が必要です。唯一の良いニュースは、すぐに交換する必要がないことです。

充電式バッテリーは、使用していないときに充電を失いますか?

はい。充電式電池には、いわゆる貯蔵寿命があります。電池の寿命は 3 年と聞いたことがあります。つまり、バッテリーは使用しているかどうかに関係なく、容量が失われ、3 年後には使用できなくなります。

自己放電は別の要因です。これは、バッテリーが使用されていないときでも化学反応が継続していることを意味します。そのため、保管していてもバッテリーは一定の割合で放電されます。

これが、バッテリを約 50% の低温で保管することをお勧めする理由の 1 つです。これにより、化学反応が減少し、バッテリーの寿命が長くなります。

伝言を残す

お問い合わせ
お名前(任意)

* お名前を入力してください
* 電子メールアドレス

メールアドレス必須. このメールは無効です
* お手伝いしましょうか?

マッサージ必須.
お問い合わせ

すぐにご連絡いたします

終わり