20 年間のバッテリーのカスタマイズ

リチウム電池は長持ちしますか? 導入と使用法?

Nov 21, 2022   ページビュー:22

リチウム電池は、現在最も使用されている電池であり、その寿命を知ることが重要です。リチウム電池の寿命は 15 ~ 20 年ですが、よく手入れをすれば 25 年も持ちます。リチウム電池の寿命は、使用方法にも依存します。

使い方が雑だと5年も持たない。 BYD Auto は、同社のリチウム電池は約 20 年間使用できると主張しています。彼らはテスラにバッテリーを供給しており、テスラはまた、自社の EV バッテリーは 20 ~ 25 年間持続できると主張しています。リチウム電池は、適切に手入れすれば 3,000 サイクル使用できます。

リチウム電池はアルカリ電池よりも長持ちしますか?

リチウム電池は、あらゆる種類のアルカリ電池より優れています。

アルカリ乾電池の寿命は?

アルカリ電池の寿命は約 5 ~ 8 年です。これは、使用せずにこれだけの時間持続できることを意味します。使用しないと自己放電し、一定の年数が経過すると機能しなくなります。アルカリ乾電池で約5年使用可能。

アルカリ乾電池は、一度使ったら捨てることができる使い捨ての乾電池です。アルカリ乾電池は重くて液もれするので危険なので、リチウム電池を選ぶ人が多いです。

リチウム電池がアルカリ電池よりも長持ちするのはなぜですか?

アルカリ電池がリチウムよりも長持ちしない理由は、リチウムが軽いためであり、リチウム電池は他のどの電池よりも多くのエネルギーを蓄えることができます.リチウムの軽さはまた、リチウム電池に高いエネルギー密度を与えます。

3.2V 20Ah低温スクエアLiFePO4バッテリーセル
3.2V 20A低温LiFePO4バッテリーセル-40℃3C放電容量≥70%充電温度:-20〜45℃放電温度:-40〜+ 55℃鍼灸試験合格-40℃最大放電率:3C

どちらの電池も使い捨て電池ですが、アルカリ電池は使用すると強度が低下し、弱くなるため、リチウム電池の方が長持ちします。一方、リチウムは、リチウム電池を乱用しても強度を失うことはなく、アルカリ電池よりも長持ちします。

アルカリ乾電池の容量は何mAhですか?

標準のアルカリ単 3 電池の容量は約 2,850 mAh です。標準のリチウム AA バッテリーの最大容量は 3,000 mAh です。アルカリ乾電池と比較すると、わずかに長持ちします。 mAh はバッテリーの寿命を証明するものではなく、その容量を証明するものです。

リチウム電池は寒い気候で長持ちしますか?

リチウム電池には、極端な温度でも機能するという特殊性があります。天気が寒くても暑くても、うまく機能します。鉛蓄電池は、極端な温度では正しく機能しません。鉛蓄電池を寒い環境で使用すると、バッテリーの寿命が低下し、損なわれる可能性があります。

このため、バッテリーの寿命を損なうことなく完全に機能するリチウム電池が開発されました。

寒冷地でのリチウム電池

リチウム電池は、寒冷地での使用に最適です。華氏-4度までは正常に機能します。温度が -4F を下回ると、バッテリーの電力能力とパフォーマンスが低下します。寒い気候の地域に住んでいる場合、リチウム電池は他の電池と比較して明らかに勝者です.鉛酸アルカリ電池は、低温では性能が大幅に低下します。

低温高エネルギー密度の頑丈なラップトップ ポリマー電池 11.1V 7800mAh
低温高エネルギー密度頑丈なラップトップ ポリマー バッテリーバッテリー仕様: 11.1V 7800mAh -40℃ 0.2C 放電容量 ≥80%防塵、耐落下性、耐腐食性、耐電磁干渉性

リチウム電池が低温に最適な理由は?

リチウム電池は、温度による性能の低下を示しません。極端な温度でも同じように機能します。鉛蓄電池は、低温で引っ張ると劣化が進み弱くなります。

一方、リチウム電池は温まると電池の抵抗が下がり、電圧が上昇するため、リチウム電池の性能が低下することはありません。

低温下でのリチウム電池とアルカリ電池の比較

リチウム電池は、低温では他のどの電池よりも優れていることが証明されています。アルカリ電池と比較すると、リチウム電池ははるかに優れています。アルカリ電池の動作原理は化学反応に基づいており、低温では化学反応が減少します。

アルカリ電池は水ベースの電解質であり、寒い気候は電池の電力伝達を低下させます。アルカリ電池も低温で液漏れします。

使用しない場合、リチウム電池はどのくらい動作しますか?

非充電式リチウム電池は、使用しない場合、約 10 ~ 12 年間使用できます。同時に、充電式リチウム電池は約 2 ~ 3 年使用できます。リチウム電池は時間とともに劣化します。他の電池と比較して、リチウム電池は使用していないときに最も長持ちします。アルカリ乾電池の寿命は 5 年です。

リチウム電池の自己放電効果

自己放電は非充電式バッテリーで使用される用語で、時間の経過とともにバッテリーが放電することを意味します。また、バッテリー内部の化学的性質にも違いが生じる可能性があります。リチウム電池の自己放電率は、他のすべての電池よりも低くなります。

リチウム電池の自己放電率は 1.5 ~ 2% ですが、鉛蓄電池の自己放電率は 5% です。自己放電は、バッテリーの寿命に直接影響を与える可能性があります。自己放電率の高いバッテリーは、自己放電率の低いバッテリーよりも寿命が短くなります。このため、リチウム電池は鉛蓄電池よりも長持ちします。

リチウム電池の寿命に対する温度の影響

温度もバッテリーの寿命に影響を与える可能性があります。リチウムまたはアルカリの場合、温度が上昇するとバッテリーの寿命が短くなる可能性があります。リチウム電池は、使用されていないときや極端な温度の場合、アルカリ電池よりも長持ちします。

非充電式リチウム電池は、室温で保管すると最も長持ちします。リチウム電池の寿命は温度によって変化します。室温でのリチウム電池の寿命と低温での寿命を比較すると、室温での寿命が最も長くなります。

バッテリーの手入れ次第

リチウム電池は大切に使えば、使わなくても長持ちします。バッテリーが乾燥した適切に換気された室温の場所に置かれている場合、バッテリーは非常に長持ちします。バッテリーが高温で湿った換気の悪い場所に置かれた場合、バッテリーは数ヶ月しか持続しません。

結論

リチウム電池は、これまでのどの電池よりもはるかに優れています。リチウム電池は、極端な温度でも問題なく動作し、長持ちします。寒い気候でもリチウム電池の性能が低下することはありません。

伝言を残す

お問い合わせ
お名前(任意)

* お名前を入力してください
* 電子メールアドレス

メールアドレス必須. このメールは無効です
* お手伝いしましょうか?

マッサージ必須.
お問い合わせ

すぐにご連絡いたします

終わり