22 年間のバッテリーのカスタマイズ

バッテリー BMS の充放電管理を実現するにはどうすればよいでしょうか?

APR 10, 2024   ページビュー:201

バッテリー業界は絶えず進化しており、バッテリー技術には日々新たな革新が生まれています。こうした革新の 1 つがバッテリー管理システムです。このシステムは、バッテリーの安全性を高めるとともにパフォーマンスの向上にも役立ちます。

実装は接続のみで簡単ですが、ほとんどのユーザーは BMS を使用してバッテリーの充電と放電の管理を実現する方法を知りません。これは、間違った構成または間違った BMS の選択が原因である可能性があります。そこで、この記事では、BMS を使用する際に知っておく必要のある物理的特性、サイクル寿命、バッテリー性能に関するすべてのことを説明します。

物理的特性

現在、さまざまなバッテリー技術が使用されており、各バッテリー タイプには特別な意味があります。これは、バッテリーの内部化学反応がバッテリーの物理的特性としてカウントされるためです。バッテリー管理システムは、バッテリーの次の物理的特性に応じて、運用効率を達成する上で重要な役割を果たします。

熱管理の重要性

今日のバッテリーの大きな問題の 1 つは、熱暴走や過酷な条件に対して安全性が十分ではないことです。そのため、温度を維持することが重要であり、BMS によってそれが可能になります。

BMS には温度センサーが内蔵されており、アルゴリズムやその他のハードウェアと通信してバッテリーの温度を安全な範囲内に維持します。

3.2V 20Ah低温スクエアLiFePO4バッテリーセル
3.2V 20A低温LiFePO4バッテリーセル-40℃3C放電容量≥70%充電温度:-20〜45℃放電温度:-40〜+ 55℃鍼灸試験合格-40℃最大放電率:3C

建設資材の影響

BMS でパフォーマンス効率を達成するには、バッテリーの構成材料を考慮する必要があります。これは、電極と電解質の材料が通常、バッテリーの種類ごとに異なり、バッテリーのパフォーマンスに影響を与える可能性があるためです。

さらに、BMS はメンテナンス通知を処理し、耐久性に応じてバッテリーを操作するため、バッテリーがさまざまな材料でどのように構築されているかに応じて BMS を最適化する必要があります。

電気伝導特性の役割

電気伝導特性の役割を研究することは、BMS 実装から最大限の利益を得るためにも重要です。バッテリーの場合、電気伝導率は、流れる電気の量を測定するものです。

BMS は抵抗、電流、電圧を管理して効率を最大限に高めます。この方法は、信頼性の高い機能で最適な寿命を実現するためにも重要です。

サイクル寿命

BMS を実装してバッテリー管理を実現する場合、考慮すべき重要な点はサイクル寿命です。サイクル寿命は、バッテリーの充電と放電の習慣によって影響を受けます。さらに、BMS と併用する場合は、バッテリーの DOD と SOC を考慮することが重要です。

低温高エネルギー密度の頑丈なラップトップ ポリマー電池 11.1V 7800mAh
低温高エネルギー密度頑丈なラップトップ ポリマー バッテリーバッテリー仕様: 11.1V 7800mAh -40℃ 0.2C 放電容量 ≥80%防塵、耐落下性、耐腐食性、耐電磁干渉性

充電および放電率

BMS を実装してバッテリー寿命を最大限に延ばす必要がある場合、充電速度と放電速度を管理することが重要です。MS はこれらの速度を管理できるほどスマートであり、その結果、バッテリー セルのストレスを軽減できるという利点があります。

この方法のもう 1 つの大きな利点は、バッテリーの過熱や永久的な損傷の可能性が減ることです。これは、BMS がバッテリーを流れるエネルギーの流れを微調整するときに機能します。

排水深度管理

DOD 管理は、バッテリー寿命を延ばすために BMS が使用するアプローチです。完全放電を回避することに重点を置き、バッテリーがマイク充電容量内でインテリジェントに使用されるようにします。

この賢いトリックは、バッテリーを最大効率で使用するのに十分であり、バッテリーがより多くの充電サイクルをカバーするのにかかる時間を短縮します。

健康状態の監視

BMS の機能には、バッテリーの状態を監視することも含まれます。この監視により、バッテリーの寿命と実行可能性についての洞察が得られます。この測定により、BMS はバッテリーのパフォーマンスが低下する時期を分析および特定し、必要に応じてタイムリーな介入についてユーザーにスマートに通知します。

バッテリーのサイクル寿命に関するこれらの効果的な対策により、パフォーマンスの向上と寿命の延長が達成されるだけでなく、バッテリーの信頼性と安全性も最大限に高められます。

バッテリー性能

最後に、BMS は、容量の最適化、電圧調整、全体的なエネルギー効率の向上により、最適なバッテリー パフォーマンスを実現する役割を担っています。これらはすべて、バッテリー管理全体において重要な役割を果たします。さらに、バッテリーの寿命とパフォーマンスを長く保つためにも不可欠です。

バッテリー容量の最適化

バッテリー容量の最適化は、BMS による充電および放電効率を向上させる画期的な手段です。BMS は戦略的な充電および使用方法を使用して、バッテリーのパフォーマンスと寿命を最大限に高めるために全体の操作を最適化できます。

このアプローチを使用すると、より優れたエネルギー貯蔵を実現できます。同時に、バッテリーはより効率的に、必要な電力を最大限供給できるようになります。したがって、必要なパフォーマンスが得られ、早期の容量損失などの問題が軽減されます。

バッテリー電圧の調整

電圧調整は、バッテリーの使用安定性と安全性を確保するために重要です。BMS はバッテリーの電圧を調整して、過放電と過充電を防止します。これらはどちらも、バッテリーの寿命とパフォーマンスに永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

バッテリーを最適な電圧範囲内に維持することで、バランスの取れたパフォーマンスと安全なエネルギーフローを実現できます。つまり、極端な電圧による消耗が軽減され、バッテリーの効率が向上します。

エネルギー効率の達成

バッテリーのエネルギーを効率的に使用することで、バッテリーへの過度の負荷を防ぎます。BMS は、充電段階と使用段階の両方でシステムの非効率性とバッテリー セルの不均衡による電力損失を回避することで、バッテリーのエネルギー効率を実現できます。

また、バッテリーが効率的に使用され、すぐに消耗することがないため、バッテリーとシステム全体の環境への配慮にも役立ちます。

結論

バッテリー管理システム技術は、バッテリー技術とともに進化しています。この機器の導入により、バッテリーの充電と放電の効率が向上したのは、そのためです。ただし、導入時には、自動化を向上させるためにバッテリーの物理的特性が重要な役割を果たします。

同様に、サイクル寿命とバッテリー性能指標の重要性を考慮することも重要です。これは、BMS を使用してバッテリーの適切な充電および放電管理効率を達成するのに役立ちます。

伝言を残す

お問い合わせ
お名前(任意)

* お名前を入力してください
* 電子メールアドレス

メールアドレス必須. このメールは無効です
* お手伝いしましょうか?

マッサージ必須.
お問い合わせ

すぐにご連絡いたします

終わり