22 年間のバッテリーのカスタマイズ

3.7V3.4Ahポータブル太陽エネルギーバックアップ電源設計スキーム

APR 19, 2019   ページビュー:1210

はじめに:(キーワード:モバイル電源)モバイルバックアップ電源は、屋外での充電というデジタル製品の需要を満たします。本来、再生可能エネルギー源としてエネルギー貯蔵を変更するか、家庭用電気エネルギー貯蔵を使用して、停電や屋外電源のデジタル製品の問題を解決します。製品の主な特徴は、携帯性、高効率、多様性です。


ポータブル太陽エネルギーバックアップ電源の設計スキーム


ポータブル太陽エネルギーバックアップ電源は、太陽エネルギーを変換源とし、太陽エネルギーを電気エネルギーに変換し、リチウム電池を介して電気エネルギーを貯蔵し、モバイルデジタル製品の屋外電源の目的を達成します。製品全体で、エネルギー貯蔵装置として大容量の単一リチウムイオン電池を採用しています。ソーラーパネルで受けた太陽光充電と双方向充電モードの充電器を含むデュエル充電モードで充電しました。出力は5V、最大出力電流は2Aで、関連するデジタル製品の電源需要を満たしています。正確なLEDバッテリーディスプレイは、LED照明のバッテリーの残量をパーセンテージで効果的にユーザーに表示できます。これは、非常に効率的で直感的です。


リチウムイオン電池パックタイプの設計要件:6535134 / 3.4Ah / 3.7V


ソーラーパネルの変換パラメータ:5V / 350mA


保護回路の設計要件:


シングルバッテリーの過充電保護電圧:4.35±0.25V


シングルバッテリーの過充電回復電圧:4.15±0.50V


シングルバッテリーの過放電保護電圧:2.40±0.08V


単電池の過放電回復電圧:3.00±0.10V


過放電遮断電流(10ms)5〜8A


過熱保護値(復元可能):70±5℃


完成品は、短絡と逆充電の保護機能を備えています。


サイクル寿命の設計要件:300〜500回(充電および放電の国家標準)


バッテリー寸法の設計要件:


ポータブル太陽エネルギーバックアップ電源の設計スキーム:


保護IC:充電式リチウムイオン電池パック用に設計された保護回路です。リチウムイオン電池は化学的性質上、燃焼や爆発などを防ぐため、過充電、過放電、短絡、過電流などの保護機能が必要です。


電圧低下:ソーラーパネル(5V / 350mA)と5V充電器の入力電圧低下モジュールが含まれています。リチウムイオン電池の化学的性質に基づいて、プリチャージ、定電流、定電圧下での充電の電圧低減機能を設計します。


上昇電圧モジュール:5V出力回路の定電圧を採用。最大出力電流は2Aです。


充電器モジュール:5V /1.5V充電器を採用


LEDディスプレイ:電圧比較によりバッテリー容量を表示します。


ソーラーパネル:太陽エネルギーを電気エネルギーに変換します。出力パラメータは5V / 350mAです。


リチウムイオン電池:PL6535134 / 3.4Ah / 3.7V(ATL)


ポータブル太陽エネルギーバックアップ電源設計スキームの構造図:


图片1.png


ポータブルソーラーバックアップ電源の製品写真:


图片2.png

伝言を残す

お問い合わせ
お名前(任意)

* お名前を入力してください
* 電子メールアドレス

メールアドレス必須. このメールは無効です
* お手伝いしましょうか?

マッサージ必須.
お問い合わせ

すぐにご連絡いたします

終わり